既設の地下貯蔵タンクに対する流出事故防止対策について

地下貯蔵タンクの規制強化について

危険物の規制に関する規則等の一部が改正され、鋼製一重殻の直接埋設タンクの規制が強化されます

 危険物の規制に関する規則等の一部を改正する省令(平成22年総務省令第71号)及び危険物の規制に関する技術上の基準の細目を定める告示の一部を改正する件(平成22年総務省告示第246号)が、平成22年6月28日に公布され、平成23年2月1日より施行されています。
 改正の概要
 製造所等の危険物施設において、液体の危険物を貯蔵し取り扱う地下に埋設された貯蔵タンク(地下貯蔵タンク)から、危険物の流出事故が増加していることを受け、流出事故防止を目的として法令が改正されました。これにより、一定の条件に該当する地下貯蔵タンクの規制が、猶予期間(2年)を置き、平成25年2月1日より順次強化されることになりました。


 (参考資料) 地下貯蔵タンクの規制強化について



SS事業者の皆さまへ

平成24年度経済危機対応・地域活性化予備費(国費)活用

地下タンク設備改修工事に対する補助事業がスタート

消防法により、平成25日以降に危険物漏えい未然防止対策等の義務付け対象となる地下タンクに対して行う「内面ライニング施工工事」「電気防食システム設置工事」「精密油面計設置工事」を行う場合に「地下タンク環境保全対策緊急促進事業」という公的助成制度(国補)が利用できることとなりました。

事業名・予算

地下タンク環境保全対策緊急促進事業(87.4億円)

申請資格・補助率

中小企業(給油所)供給不安地域は大企業も可
補助率3分の2

申請手続き

規制の義務付け期限

申 請 期 間

平成2521
     ~531

本申請
  平成2519日から329日まで

平成2561日以降

①事前申請
  平成2519日から329日まで
②本
 平成2541日から1227日まで
  ※ただし、422日が第1回受付の期限です。

※補助金申請は先着順、予算がなくなり次第終了

対象地下タンク

平成2521日以後に規制対象となる地下タンク

(消防法義務付け期限の到来日にかかわらず申し込み可)

工事完了期限

平成263月末までに完了させる必要があります。

※1 平成25年2月に消防規制の対象となる給油所については、消防法義務付け期限の到来が至近なことから、
   1月末までに申請受付を行う等優先受付を実施することとなっています。

※2 この補助事業は、経済対策及び環境保全対策として実施することから、平成25年2月1日以後に規制対象
   となる地下タンクについて、消防法義務付け期限の到来日にかかわらず申請が可能
です。

(例)平成30年2月1日に義務付け期限が到来する地下タンクでも申請可


詳しくは、各石油組合又は石油協会(URLhttp://www.sekiyu.or.jp/)にお問い合わせください。

印刷用PDF

南十勝消防事務組合

消防本部/各消防署・支署