〒089-1330
河西郡中札内村大通南1丁目12番地
TEL 0155-67-2111
FAX 0155-67-2000

南十勝消防事務組合 中札内支署
火災・救急件数
火災 建物火災 4件
車両火災 0件
林野火災 1件
その他火災 2件
7件
救急 143件
※2015年12月末現在

中札内消防署からのお知らせ

幼年消防クラブ防火お絵かき会が行われました。         2015年11月19日掲載
 10月6日(火)に幼年消防クラブ防火お絵かき会が行われました。
 クラブ員は消防車を見ながら、一生懸命に絵を描いてくれました。みなさんとても上手に描けていました。
 10月16日(金)には、幼年消防クラブ防火お絵かき会の表彰式が行われ、優秀な作品を描いてくれたクラブ員に田村村長、片岡幹事長、米山支署長から賞状が授与されました。

日本消防協会表彰旗及び表彰状の披露式が行われました。  2015年10月15掲載
 平成27年8月28日に日高町で開催された第67回北海道消防大会において、中札内消防団が日本消防協会表彰旗と表彰状を披露しました。
 この表彰は、規律厳正にして技能熟達し、消防の使命達成に努め、他の模範となる消防団が授与することができます。
 披露式では、中札内消防団を代表して片岡 隆団長と舩戸 良容副団長が披露を行い、全道の消防関係者より祝福を受けました。

中札内消防団出初式が挙行されました。                     2015年1月19掲載
 新年を迎えた6日、中札内消防団出初式(髙嶋重信団長)が挙行されました。
 当日は雪の降る中、50名の団員が参加し、中札内神社において1年間の無火災祈願に続き、中札内市街地を分列行進し村民の方々に勇姿を披露しました。また、中札内村老人保健福祉センターに場所を移し、多くのご来賓参列のもと功労のあった団員に対し、各種表彰伝達が行われました。

幼年消防クラブ防火お絵かき会が行われました。         2014年10月21日掲載
 10月7日(火)に幼年消防クラブ防火お絵かき会が行われました。
 クラブ員は消防車を真剣に見ながら、絵を描いてくれました。みなさんとても上手に描けていました。
 10月17日(金)には、幼年消防クラブ防火お絵かき会の表彰式が行われ、優秀な作品を描いてくれたクラブ員に田村村長、髙嶋幹事長、米山支署長から賞状が授与されました。

火災予防啓発イベントを開催しました。                      2014年9月11掲載
 9月6日(土)に中札内文化創造センターで行われた中札内村社会福祉協議会主催の「ふれあい広場なかさつない」に消防ブースを設けて、火災予防啓発イベントを開催しました。
 防火衣着装体験や放水体験にたくさんの子どもたちが集まり、活気あふれるイベントになりました。



幼年消防クラブ七夕まつりが行われました。           2014年8月18掲載
 8月1日(金)中札内きらきら保育園、8月5日(火)上札内保育園で七夕まつりが行われました。幼年消防クラブ員である園児たちは防火半てんをまとい、提灯行列を行いながら、「火の用心」と大きな声で防火を呼びかけていました。

幼年消防クラブ消防車見学が行われました。          2014年8月18掲載
 7月25日(金)中札内消防庁舎前で幼年消防クラブ消防車両見学が行われました。クラブ員たちは、子供用防火衣を着装し、放水体験や消防車両乗車体験を行いました。
 また、その後恒例となっている水遊びを行い、びしょ濡れになりながら楽しい時間を過ごしました。

幼年消防クラブの入団式が行われました。  2014年5月27日掲載
 5月13日(火)、中札内きらきら保育園と上札内保育園が合同で幼年消防クラブの入団式を行いました。
 入団式では、髙嶋幹事長(中札内消防団長)から、代表の園児に半てんとバッチが渡され、髙嶋幹事長が火遊びの危険性などの話をすると、園児たちは真剣に耳を傾けて聞いていました。
 その後、全員で「ぼくたち、わたしたち、保育園の良い子は、火遊びは絶対にしません」と元気よく誓うとともに、火の用心の歌を歌いました。
 両幼年消防クラブは正しい火の取り扱いについて学び、防火意識が高揚するよう様々な活動を行っていきます。

普通救命講習Ⅲを実施しました。  2014年5月27日掲載
  中札内きらきら保育園において、勤務する保育士を対象に普通救命講習Ⅲ(子どもの心肺蘇生)を5月9日(金)・13日(火)・15日(木)に開催しました。
 3回で計20人の保育士が受講され、預かっている子どもたちの命を守るために小児・乳児に対する心肺蘇生の方法、AEDを安全に使用する方法、喉を詰まらせた場合や熱中症などの手当について熱心に取り組まれていました。

幼年消防クラブ防火もちつき会が行われました。  2014年1月23日掲載
 1月8日(水)、中札内きらきら保育園において、中札内・上札内幼年消防クラブ防火もちつき会が行われました。クラブ員の防火意識の高揚を目的とし、例年この時期に普段体験できない餅つきを実施しています。
 クラブ員は餅つきを体験し、ついたお餅は、雑煮と黄粉餅にしておいしくいただきました。楽しい体験ができ、子供達は笑顔で溢れていました。

消防団発足120年の記念切手シートが贈呈されました。  2014年1月14日掲載
 12月26日(木)、中札内消防庁舎前において、消防団発足120年記念切手の贈呈式が行われました。
 同切手は、明治27年に消防組織が発足してから本年で120年を迎えることを記念したもので、平成25年11月25日から全国の郵便局で販売されております。

児童館まつりが行われました。                     2013年11月22日掲載
 11月11日(月)、中札内村児童館で、放課後児童クラブによる『学ぼう、自らを守る知恵』をテーマとしたイベントが行われました。この事業の一環として避難訓練、けがの応急処置の方法やAEDの役割について学んでいただきました。真剣に取り組む児童たちに、署員たちも熱のこもった指導をしていました。この他にも児童館の指導員による非常食の調理実習等も学んでいました。


避難訓練の講評

救急車内見学

AED取扱い説明

AED取扱い説明(実技)

『救急の日』救命講習会を実施しました。                   2013年9月13日掲載
 9月9日の「救急の日」にちなみ、中札内支署では住民の方々が自由に参加して頂ける「救命講習会」を開催しました。
 中札内村行政区南一区12名の方々をお迎えし、心肺蘇生法やAEDの使用方法について、熱心に学んでいただきました。
 講習会に参加された皆様、大変お疲れ様でした。


火災予防啓発イベントを開催しました。                 2013年9月13日掲載
 9月7日に文化創造センターで行われた「ふれあい広場なかさつない」に消防ブースを設け、火災予防啓発イベントを開催しました。
 当日は、防火衣着装体験や放水体験等、各種コーナーにたくさんの子供たちが集まり、活気あふれるイベントになりました。


幼年消防クラブ消防車見学会が開催されました。         2013年8月6日掲載
 中札内・上札内保育所幼年消防クラブ消防車見学会が23日、消防庁舎前で開催されました。
 当日は、消防車の体験乗車や防火衣着装を体験し、後半は、恒例となっている、水遊びを兼ねた放水体験を行いました。クラブ員たちは、体中に水を浴びてびしょ濡れになりながら楽しい時間を過ごしました。
 また、この日は、村内のデイサービスに通うお年寄りにも元気に遊ぶクラブ員の姿を見ていただき、クラブ員と楽しい時間を過ごされました。






中札内村危険物安全協会20周年記念事業「子供用防火衣」贈呈式が行われました。                          2012年10月31日掲載
 中札内村危険物安全協会(吉倉孝尚会長、30会員事業所で組織)の設立20周年の記念事業の一環として、中札内・上札内保育所幼年消防クラブへの「子供用防火衣」の贈呈式が18日、同保育所にて行われました。
 年長のクラス代表者3名が贈呈された真新しい防火衣に袖を通し、「保育所のよい子は絶対に火遊びをしません!」と力強く誓っていました。

『救急の日』救命講習会を実施しました。         2012年9月13日掲載
 9月9日の「救急の日」にちなみ、中札内支署では住民の方々が自由に参加して頂ける「救命講習会」を開催しました。
 応募された4名の方々をお迎えし、心肺蘇生法やAEDの使用方法について学んでいただきました。
 講習会に参加された皆様、お疲れ様でした。学んでいただいた知識を活かして、大切な人を守ってくださいね。




上札内保育所で七夕まつりが行われました。         2012年8月16日掲載
 上札内保育所の七夕まつりが7日(火)、同園で開催されました。
 幼年消防クラブ員でもある園児たちは防火はんてんに身をつつみ、父母や地域の方が見守る中、提灯を持って先生と一緒に上札内市街を練り歩きました。
 夜店をまわったり、署員が打ちあげる花火に歓声をあげ、楽しい夏の一日となりました。


救急の日に伴う一般救急講習会を開催します。         2012年8月16日掲載
 中札内支署では、村民の方に救急業務や救急医療に対する正しい理解と認識を深めていただくことを目的として、一般救急講習会を次のとおり実施します。

●日  時  9月9日(日) 午前9時00分~午前11時00分
●場  所  消防庁舎 2階和室
●対 象 者  村民(中学生以上)または村内に勤務している方
●講習内容  救命に必要な応急処置(心肺蘇生法・AEDの操作方法など)
●定  員  先着10名程度
●受 講 料  無料
●お申し込み 9月7日(金)までに中札内支署消防グループへ ℡67-2111
 お問合わせ  



中札内保育所で七夕まつりが行われました。         2012年8月10日掲載
 七夕まつりが3日(金)、中札内保育所で開催されました。幼年消防クラブ員である園児たちは防火半纏をまとい、火の用心の纏と提灯を持って柳のまわりを歩き、父母や地域の方が見守る中で“火の用心”と大きな声で防火を呼びかけていました。その後には、盆踊りや夜店をまわり、締めくくりに消防署員が打ち揚げる花火を友達と一緒に見学しました。


幼年消防クラブ員が消防車見学に訪れました。         2012年8月10日掲載
 幼年消防クラブ員の消防車見学を24日(火)、中札内消防庁舎前で開催しました。中札内・上札内保育所の幼年消防クラブ員合わせて117名が、消防車からの放水体験や車両乗車体験をしました。
 また、その後には毎年恒例になっている大型水槽車からの放水による水遊びを行い、クラブ員のみなさんは先生と一緒にびしょ濡れになりながら楽しいひと時を過ごしました。


■消防庁長官「消防団等地域活動表彰」が伝達されました   2012年3月19日掲載
 平成24年3月12日、村役場において「地域活動表彰」に受章された中札内消防団(森田 進団長)と中札内村農業協同組合(山本勝博組合長)に南十勝消防事務組合副組合長である田村光義村長から表彰状が手渡されました。
 消防団表彰を受賞した中札内消防団は、平成22年10月、中札内村農業協同組合の協力により12人の入団が実現するなど団員確保に特に力を入れ、地域事業所との連携による住民安全の保持・向上に顕著な功績があるものと認められたものです。
 道内唯一の事業表彰を受賞した中札内農業協同組合は、従業員80人のうち14人が消防団に所属し、勤務中であっても出動できる体制をとるなど、消防団活動に参加し易い環境を作り、地域防災力の向上に寄与したことなどが高く評価されました。

 森田進団長は「中札内村農業協同組合の協力、配慮に感謝している。消防団活動を通して村内若手の交流が深まることを期待している」と話し、山本勝博組合長は、「社会貢献することは当然のことであり、消防団の活動は仕事にも反映される」と話していました。
 

 
消防団表彰を受賞した中札内消防団
事業所表彰を受賞した中札内村農業協同組合



設立40周年イベント
  消防フェスティバルを開催しました。 
                    2011年9月12日掲載
 9月3日(土)、中札内支署の「消防フェスティバル40th」が中札内消防署で開催されました。
 当日はあいにくの空模様でしたが、延べ50名の方が来場していただき、放水体験やハウスの中を煙を充満させ煙の怖さを体感していただく煙体験コーナー、消防車などのペーパークラフトを工作し、楽しんでいただきました。
 

幼年消防クラブ員が消防車見学に訪れました。         2011年8月5日掲載
 7月28日(木)、中札内・上札内幼年消防クラブ員に皆さんがクラブ活動の一環として中札内消防署に消防車見学に訪れました。
 
当日は、消防車の体験乗車や水遊びをかねた放水体験を行い、びしょ濡れになりながらも子どもたちは大喜びの笑顔で楽しいひと時を過ごしました。
 

中札内消防団  「北海道消防操法大会」で見事 準優勝! 2011年8月  日掲載
 
 平成23年度北海道消防操法大会において、小型ポンプの部に出場した中札内消防団が一糸乱れぬ操法を展開し準優勝の快挙を遂げ、楯を持ち帰りました。消防操法大会は指揮者と4人の選手で1つのチームとなり、可搬ポンプの操作を安全管理を徹底しながら早く、正確に、規律正しく行い、一連の行動を採点し、順位を競うものです。

 中札内消防団は、この大会に向けて春先からほぼ連日65日間にわたり訓練を積み、出場選手だけでなく、全消防団員が一丸となって、資質向上と組織力の強化を図ってきました。
 消防団は、火災をはじめ各種災害時に地域防災の要となって重要な活動を行う集団です。日頃の訓練や操法大会といった場を通じて多くの学びと共に絆を強めていけるように、今後も尽力して参ります!
 多くの皆さん、ご声援ありがとうございました


【出場隊員】
 
指揮者 
 1番員 
 2番員 
 3番員 
 補助員
 補 欠 






班長
団員
団員
団員
団員
班長






佐藤 瑞樹
小野 健一
斉藤 圧史
塚田 育成
佐久間 徹
福島 到
■大会結果は以下のとおり

出場消防団 タイム 結果
留萌市消防組合 小平消防団 44秒 優勝
南十勝消防事務組合 中札内消防団 43秒 準優勝
西胆振消防組合 伊達消防団 43秒 優良賞
深川地区消防組合 秩父別消防団 43秒 優良賞

■'11年度北海道消防操法訓練大会で大いなる活躍を期待。 2011年7月7日掲載
 
 北海道消防操法訓練大会(7月14日江別市)に出場する中札内消防団(森田 進団長)が、本大会を前にした7月6日(水)中札内文化創造センター駐車場で日ごろの訓練成果を披露しました。
 地元団員のみならず激励のため訪れた管内4消防団が見守るなかで、緊張と興奮が膨らむ本番を想定して一連の動作を披露、終了後のあいさつで森田団長は「団員が一致団結するいい機会になった。大会では技量を存分に発揮して」と激励し、正隊員5名と日々訓練を支えてきた同僚団員たちは、大会優勝に向けて決意を新たにしました。

 


■中札内消防団新年出初式が行われました。         2011年1月24日掲載
 
 1月6日(木)、積雪寒冷のなか中札内神社において1年間の無火災祈願を行い、中札内市街地を分列行進し村民の方々に勇姿を披露しました。
 中札内村老人保健福祉センターにおける式典では、、太田村議会議長、帯広警察署地域政策課長をはじめ、多くの来賓参列のもと永年勤続団員に対する表彰が行われました。  



■幼年消防クラブ員が消防車見学に訪れました。         2010年8月10日掲載
 
 7月29日、中札内・上札内幼年消防クラブ員(109名)がクラブ活動の一環として中札内支署に消防車の見学に訪れました。
当日は天候にも恵まれ、クラブ員は消防車の体験乗車や水遊びを兼ねた放水見学を行いました。
クラブ員と署員はびしょ濡れになりながらも、楽しい時間を過ごしました。
  


■中札内村春季消防演習を実施。                    2010年6月15日掲載
 
 5月27日、中札内消防団(森田進団長・団員51人)の春季消防演習の春季消防演習が行われました。
前日からの雨天により、急きょ中札内村民体育館に演習会場を移して行われた演習には42名の団員が集結、来賓や見学者が見守るなか、参加した団員は真剣な表情で演習に臨みました。
 このうち文化創造センターでは、消防ポンプ車4台が出動して一斉放水を披露し、そのあと目抜き通りを威風堂々と分列行進しました。
 このほか、日本消防協会長の精績章などに選ばれた団員と元団員計4名に対し、南十勝消防事務組合副組合長の田村光義村長から表彰状が伝達されました。
  


■幼年消防クラブ防火お絵かき会が開催されました。        2009年10月29日掲載
 
 火災予防運動の一環として、幼年消防クラブ防火お絵かき会が平成21年10月6日に開催されました。
 中札内・上札内幼年消防クラブ員合わせて87名がとても上手に消防車の絵を描いてくれました。
 また、10月16日にお絵かき会の表彰式が行われ、優秀作品として7名のクラブ員に、中札内村火山副村長と高嶋副団長から賞状が授与されました。 
幼年消防クラブ員にお絵かき会風景
お絵かき会受賞者


■中札内消防団第一分団視察研修                    2009年8月10日掲載
 
 平成21年7月25日、中札内消防団第一分団(片岡隆分団長以下16名)が、視察研修のため、とかち帯広空港と帯広市消防署を訪問しました。
 帯広市消防署の通信司令室では、実際に緊急通報があり、通信指令員の迅速な対応と地図検索システムの作動を目の当たりにした団員はとても感心した様子でした。この研修を通じ多くの情報交換を行うことができました。
 第一分団では、団員としての知識の習得、親睦を深めるため、毎年この時期に実施しております。
 

■中札内消防団春季消防演習(2009/5/28)
 中札内消防団(森田進団長)は、このほど旧中札内高校グランドにおいて春季消防演習を行いました。当日は天候に恵まれ団員48名と消防車4台が参加、村民の方々を前に小隊訓練、ポンプ車操法(基本訓練・水出し操法)など日頃の訓練の成果を披露しました。
 また、中札内小学校のパソコン教室からの出火を想定した火災防圧訓練を実施。児童や教員の避難訓練もあわせ、消防車4台が駆けつけ模擬消火放水を行いました。 
 

■元消防団長の藤田さんに叙勲伝達 (2009/6/16)
 平成21年春の叙勲で瑞宝単光章(消防功労)を受章された元中札内消防団長の藤田博重さんに対する伝達式が、16日村役場で行われました。
 この日、十勝支庁の松村博宣地域振興部長が役場を訪れ、田村村長、太田村議会議長、森田消防団長など立ち会いのもと藤田さんに勲記と勲章が手渡されました。

 藤田さんの功績概要は、トップページからご欄になれます!

■応急手当講習会のご案内
 中札内消防署では、多くの方に救命手当の知識や方法を習得していただくために、各種救急講習会を開催しています。
 平成21年度の講習予定は下記のとおりとなっていますので、希望される方は、中札内消防署消防グループまでお申込みください

個人向け救急講習会
一般救急講習会(ケガに対する応急手当)
乳幼児の救急講習会(育児中のパパ・ママ講習会)
団体向け救急講習会

全国共済農業協同組合連合会北海道本部から
高規格救急自動車が寄贈される!◆安心の救急体制へ◆


 
 9月24日(水)、全国共済農業協同組合連合会北海道本部から寄贈された高規格救急自動車を中札内支署に配備するための受納式が行われました。
 待望されていた高規格救急自動車で、これにより南十勝消防事務組合救急隊のすべてに高規格救急自動車が配備されたことになります。
 この高規格救急自動車は、トヨタ製4WD仕様で近代的な機能とシステムを搭載した車両であり、広い傷病者室には高度救命処置用資機材を積載しており、搬送患者の負担軽減や救命士による救命活動がスムーズに行え、今後の救急救命活動での活躍が期待されます。



広尾消防署
大樹消防署
更別支署
中札内支署