さらに前進するため3月31日南十勝消防事務組合が解散します。
南十勝消防事務組合解散式

十勝全19市町村(管轄面積1万平方キロメートル)の消防広域化に伴い、南十勝消防事務組合(組合長:村瀨 優広尾町長)の解散式が4日(金)、広尾町消防総合庁舎で行われ構成町村長、組合議員、行政委員、各消防団長、署長・職員約50名が参加して行われました。
 南十勝消防事務組合は、昭和4622523村で発足。同年41日から消防本部の業務を開始しました。平成18年の町村合併を経て、以来広尾町、大樹町、更別村、中札内村で構成していました。
 45年間の歴史に幕を下ろす本組合は、41日から『とかち広域消防事務組合』に統合再編し、とかち広域消防局のもと大規模災害に対応していきます。
 式では、村瀨組合長があいさつに立ち「45年間みんなで頑張って消防を成長させてきた。とかち広域消防局を新たな拠点に輝かしい未来を築かれることを期待する」と述べ、佐藤英人消防長から村瀨 優組合長へ組合旗の返納が行われました。
 また、解散式の前には南十勝消防事務組合議会最後の本会議(3月定例会)が開催され、承認1件、報告2件の専決処分が提案され、原案通り承認されました。

                       組合長あいさつ(全文)

■組合事務所であり、消防本部・広尾消防署が置かれた
広尾町消防総合庁舎(平成7年竣工)

 解散式の模様

■あいさつに立つ南十勝消防事務組合長 村瀨 優(広尾町長)
■組合旗の返納及び収納
■4町村長、組合議員、委員など関係者による記念撮影

 主なあゆみ

    PDF84.4KB

■従来の連合演習を廃止した訓練改革第一弾、広尾町で行われた第1回実践訓練(平成23828日実施)は、消防団連携の長大中継訓練、多数負傷者事故救助救護訓練を行った。
・第2回訓練:於大樹町、平成2593日実施、大雨災害による水難救助、水防訓練を行った。
・第3回訓練:於更別村、平成27722日実施、大規模地震災害による災害対策本部、自衛隊、警察等との連携型訓練を行った。

■功労者をはじめ組合関係者が多数臨席し、多くの住民が参加して盛大に挙行された南十勝消防事務組合設立40周年記念式典(平成2393日大樹町生涯学習センターで実施)。
  第1部では、高校吹奏楽部合同演奏会を行い、また、消防フェスティバル40thなど各種冠称事業を各地域で展開し、記念誌「40年のあゆみ」を発行した。

 最後の組合議会

 平成28年3月4日午後4時招集

    議 長 髙木 修一(更別村議会選出
    副議長 黒田 和弘(中札内村議会選出)/会議録署名議員
    議 員 星加 広保(広尾町議会選出)/会議録署名議員
    議 員 浜頭  勝(広尾町議会選出
    議 員 松本 敏光(大樹町議会選出
    議 員 西田 輝樹(大樹町議会選出
    議 員 太田 綱基(更別村議会選出
    議 員 中西 千尋(中札内村議会選出) 欠席